肩が上がらない

今後の治療計画と生活におけるアドバイス

57歳女性

昼間に車の掃除を1時間、夜はカレーをじっくりコトコトおたま回しながら作り

疲れた為、お風呂にじっくり浸かり就寝。

翌朝、肩が上がらなくなったとの事。

検査

・肩の可動域→自動運動(自分であげる)痛みが強い為ほぼ上がらず。

      →他同運動(他人が介助しあげる)これまた痛みであがらず。

・熱感(+)腫脹(±)発赤(±)圧痛→前方から外側まで広範囲に(+)

機能障害(+)

エコー検査実施

・結節間溝部(肩の前方の二つの山の間)と三角筋の間に低エコー像あり。

・ドップラー(炎症反応)は反応しないため滑液包が影響している症状と評価。

治療プラン

1日目~3日目

アイシング 超音波(非温熱モード)微弱電流 テーピングにて処置し、安静を指示。

4日目~7日目

アイシングは中止。他動にて強い痛みが出ない範囲での可動域訓練。主に筋の伸張を誘導。

8日目

自動運動にて屈曲(前ならえの方向から真上にあげる)

    外転(横に90°あげ手のひらを上へ向けて耳までつける)

上記の二つの動作がほぼ正常まであがる所まで改善

エコーで確認すると低エコーは改善していた。

今回のポイント

目立った外傷がなく、筋の使い過ぎによる症状の場合でも

早期はアイシング。3日過ぎたら筋リラクゼーション、ストレッチなどを行う。

早期から動かすと炎症が増す場合があるため、自己判断はしないほうがよいと考える。  

1日目
3日目
8日目

(画像使用許可済)

登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
サービスを選んでください
サービスの詳細

最近の記事

  1. 今後の治療計画と生活におけるアドバイス
  2. 寝違えとは?

    2020.08.4

カテゴリー