肩~背中の痛み

肩こり

「筋肉」と「筋肉を包む膜」をスムーズに動くようにすることで、正常な筋肉の柔軟性を引き出します。

頭の重さは体重の約10%(50㎏の人で5㎏)もあります。
そのため、同じ姿勢での長い時間の作業・過度の運動・慣れない仕事などにより、頭を支える筋肉の負担が大きくなります。
そうすると、血液の流れが悪くなり、筋肉内に疲労物質が溜まり、筋肉の柔軟さがなくなり「こり」となります。
この筋肉の「こり」は、さらに血液の流れを悪くして、痛みも感じるようになります。

✅当院の治療法
「こり」の原因となっている筋を硬さ・動きの制限方向から特定し、手技による施術をおこないます。
また、頚部の緊張が強い場合に、筋膜リリースにより「こり」が緩んだ後に、はり治療をすることもあります。

また、肩こりの原因は、首の関節や椎間板ヘルニアが原因になっているケースもあります。
ヘルニアと診断を受けている場合でも、深くにいる筋肉、筋膜が硬くなり血流を阻害して症状を悪化させている事があります。そのような場合、まず筋肉に対してはり治療をすることが有効な治療法となります。

※当院ではエコー画像を導入しているので、原因となっている部位を確認しながら、はり治療をおこなう事が出来ます。