上肢の痛み

テニス肘

上腕骨外側上顆炎

「上腕骨外側上顆炎」です

痛みが出る場所は、肘の外側が主な出現部位となり、手首を返す(反らす)ような動作や、雑巾を絞る動作、長時間のパソコン作業などで痛みが出る事が多いです。

テニスをしていなくてもなるんです!

テニスをしている人がなる場合は、バックハンドで打つ際に痛みが出現しているケースがほとんどです。

手首を返す動作にて負担がかかる筋肉と同様に手首を曲げる(握る)動作で使う筋肉も同時に治療をする必要がありますね。

筋肉と関節のバランスとは?

・主動作筋⇒メインで動く筋肉

・拮抗筋⇒逆側で張力をコントロールしている筋肉

この二つがバランスよく動くことで関節が正常な動きをしていきます。

症状改善のコツは、表裏の筋肉のバランスを整える事ですね。

主な治療法としては

前腕部の筋膜調整とはり治療、セルフストレッチとなります。

当院では、整形外科テスト法やエコー検査にて痛み・炎症・可動域・筋バランスを確認し施術していきます。

肘の痛みでお悩みの際には当院へご相談下さい。